結婚・離婚・モラハラ問題

【スピード婚】離婚しました②どうやって別居、離婚をきりだしたか?【スピード離婚】

先日に続きまして、離婚しました②という事で

今回は、どういう風に進めていったか?

私の場合。

という事で、

スピード婚。子なし、溺愛ペットありのパターンとなります。

 

スピード婚したのにどうやって離婚を切り出したか?

スピード離婚なんてほんと響きの悪い表現です。

実際、スピード婚をしたもので、もしかしたら勢いにスピード離婚する勢いもお互いあったのかもしれません。

早いうちから、お互いに結婚を後悔していると感じ始めていた

なぜか私ばかり責められるのですが、新婚生活当初(なんなら入籍前)からケンカが多くなり

あまい新婚生活なんて、この世のどこにあるのか?

というくらい遠くに感じてました。

✅一週間に2回ほど大きなケンカ。(内容はささいな物から、結局修羅場になると極論の言い争いのような状態)

✅物をなげるなどがあった

✅口に出して結婚しなければよかったとお互いが言い出す

✅20年以上前の事で責められる(これちょっと特殊なんでまたの機会に)

こういった、普通はラブラブのはずがお互いの生活環境の違いからちょっとした事で神経質になり

お互い引けないケンカに発展していました。私は、5歳以上年上で環境が変わっていない人はもっとおおらかでいてほしい・・・

と常々思ってましたが、なんせ年はとっていても結婚生活は初めてでお互い

「こんなはずじゃなかった・・・」

と思ってとても辛い時期でした。

別居に踏み切った時は、ケンカは少なくなっていた

✅ペットを飼い、ケンカは少なくなっていったが実はお互いに不満を貯めていた。

私の夢だった、結婚生活で血統書付きのねこを買ってもらいました。

ただ安いものではなくその引け目から不満がいろいろあったが、向き合う事から目を背けるようになっていました。

半年くらい経ち、かわいいペットがいるにも関わらず、

私は元夫と週末を家の中でずっと過ごすのが実は苦痛になっていました。

ですので、なるべく週末に出かける提案をしていました。ただ結局問題から目を背けており、

夜もケンカになりそうな時にぐっと堪えて、先に寝る努力をしていました。

元夫も、不満を貯め込んでいたものを「その日のうちに解決したかった」

とのちに言っていました。

ケンカの頻度が落ちていたが、決定的な言葉を夫がさらりというようになっていた

✅ケンカの頻度がおちたが、その中で元夫はさらりとひどい言葉をいうようになっていた。

本人はきずいてなかったのですが、元夫は普段の生活やケンカの最中に

「こちらがカチンとくる一言」

をよく言うようになっていました。

私は次第にケンカになりそうになったかわりに

✔友達に相談したり

✔その後、ネットでいろいろ調べたり

するようになっていました。

友達には、こういう事を言われたんだけど・・・・?

など相談すると、ある友達が

「そういう事があったら録音しておいたらいいんじゃない」

って言ってくれたんです。

私は結婚前には夢にもおもってなかったんですが、夫がとても怖く思える事が多くなり、

怒った時の言動はとても愛情からかけ離れたものになっていました。

元夫からすると、

「私の方がひどい事をいうからだ!!」

「私の態度がそうさせる」

など、すべて私が悪いような事をすぐに口走る為、

そうか録音したら自分の強み(自身の無さ)

になるかもしれない。と思い始めていました。

ケンカの最中に録音する事ができた

録音した時は、離婚の時の為だ!

と決心していた訳ではなく

普段からボイスレコーダー(iphoneにもともと入っているもの)

を使って猫ののどのゴロゴロを録音していたんです。

なので、最後にケンカになり元夫が怒り出して

「これから家をでていけ!」

と夜中に言い続けていたので容易に録音する事ができました。

実際には2時間くらいお酒が入ったまま怒り続けてましたし、なんなら目の前で録音をしていました。

お子さんがいて、調停、裁判になった時は証拠などが大変有利に働くそうなので、

こういった証拠はあった方が便利かと思います。

ボイスレコーダー

実際に離婚したいといったのは、別居してから。

別居に踏み切る前日に、元夫に

「話がしたい」

と持ち掛けました。

すると、

「忙しいから一週間後」

となんとも、つめたい返事が返ってきたので、

その次の日に私は家を出ました。

実家の親などに説明したりして、2週間ほどたった時でしょうか・・・

電話で言いました。

まあ、荷物も全部送っていたので元夫も、驚きこそしませんでしたが

一切なっとくしていない様子でした。むしろ、二言目には不満や、非難の言葉を

浴びせてくるのでなんとも辛かったですね。

もちろん落ち着いて話し合いをしたかったですが、

落ち着く=いいくるめられる(私が悪い事にして、元夫がそれを許すパターン)

となる事が目に見えてましたので、

そういった事に持ち込む事はしない方がよい。と何故か頑なに思っていました。

今思えば、自己防衛反応だったのでしょうか・・・・?

いかり狂った野良猫のように、優しく装ってもぜったいに気持ちを許すのはやめようと思っていました。

そして、その姿勢は最後まで崩す事はなかったです。

別居してから知った、婚姻費用分担生活費)はもらえなかった

別居してから知った、

「婚姻費用」はもらえませんでした。

年収が1000千万くらいある方なのに、月に6万円しか送られてこず、

「6万円は少ない。早く生活を自分で立て直したいから、早く離婚がしたい。」

訴え続けました。その態度に不満があった元夫は仕送りを辞めました。

なので、6万円×2 12万円。だけもらえました (笑)

なかには、もっとお給料少なくても心配で送ってくる人や、

やはり高給取でも、全然送ってこない人もいるようですね・・・・。

私が感じた事。

✅年収が高いからといって生活費を多く渡すとは限らない

✅むしろ、いろいろ考えがある。(苦労している)などで生活費をしぼっているケースもよく耳にした。

これに気づいてからは、私は結構ドン引きして

離婚を後悔する事が少なくなりました。

もう、生活費が送られてこなくなってからは、

別居した事、離婚を考えている、進めている事に後悔が少なくなりました。

※もしかしたら、罪悪感がなくなったのかもしれません。

結婚をする前に金銭面で気になる事がある方は、✅した方がよいです。

✓結婚前のお金の使い方

✓怒った時の反応

✓お金の使い方(すごく、けちけちしている。せこいなど)

私も散財する方ではないですが、結構思い切って使う時はあります。

使った事を後悔したり、

「物を返して!!」

っていう男は結婚しても、ほんとうに後悔しかないかもしれません・・・・・。

次回は、これってモラハラ!? 普通じゃないよね?

って事についてお話していきます!!!

 

 

 

 

-結婚・離婚・モラハラ問題

© 2021 やっぱねこすいとっけん Powered by AFFINGER5